トイレ詰まりのSOSはココ!~困った時のプロ軍団~

部屋

放置せずに直そう

作業員

水漏れは、放置しておくと日が経過するごとに症状が悪化していきます。よって、水道料が急に高くなったなどの異変があった時は、漏水が起こっている可能性を疑う必要があるのです。そのため、病気と同じように、漏水に関しては早期発見と早期修繕が必要になるのです。点検方法としては、水道を使っていない状態でメーターを確認することです。水道を使っていないのにパイロットが回転しているということは、どこかで水が漏れていることを示しています。また、最初はわずかな違いでも、気付かずに放置しておくと水道料金が跳ね上がるケースがあります。水が漏れていると水の無駄遣いにつながりますので、定期的に点検を行うのが望ましいと言えます。

水が漏れているか確認するには、まずは住まいの水栓と止水栓をすべて閉めます。つまり、完全に水を使用していない状態にします。その後でメーターを確認して、パイロットが回転しているようであればどこかで漏水が起こっているということです。漏水が起こっていることを確認したら、次に漏水が起こっている場所を特定していきます。最初に確認すべきは水回りです。特に、水回り周辺の壁や床などを確認し、漏水が起こっていないかチェックしていきます。水漏れをしている場所を見つけたら、水がどの部分から漏れているのか特定します。適切な修理方法は、水が漏れている場所によって異なります。しかしこれらは応急的な対処になるため、水漏れを発見後完璧に直すにはプロの業者へ依頼しましょう。